群馬 腰痛 骨盤矯正 股関節 肩こり ぎっくり腰 急性 膝痛 頭痛 足痛 肩関節痛

花粉症に対して

花粉症

花粉症の鼻炎薬にある塩酸プソイドエフェドリンなどの薬効成分ではなく、花粉の構成成分です。



花粉症の起こしやすい植物

早春~春:スギ ヒノキ サワラ シラカバ ハンノキ クヌギ

初夏~夏:スズメノテッポウ カモガヤ ホソムギ オオアワガエリ

夏~秋:ブタクサ ヨモギ クワモドキ イネ ススキ カナムグラ



炭水化物(糖質) たんぱく質 脂肪 
ビタミン類 
ミネラル類
酵素

 上記にあげた花粉の構成成分です。特に炭水化物(糖質)、たんぱく質が大きい割合です。 甘いものや肉類や油っこい食品を食べて症状が増加する人がいます。これらがあると花粉だけでなく栄養素の問題があるのでしょう。またビタミンが吸収される場合サプリメントを飲んで症状をやわらげる方もいます。

【対象】

  • 食べ物によって花粉症を悪化させたりすることがあります。花粉は栄養素(たんぱく質・脂質・糖質・・・)の凝縮されたものです。
  • 花粉に反応するということは、栄養素の凝縮された食べ物にも反応があるともとれます。もちろん杉やひのき自体に原因があることもあります。

【施術の目的】

  • 花粉の構成要素である。たんぱく質 脂質 糖質 ビタミン ミネラルのアレルギー反応を見つけて施術します。
  • たんぱく質(肉類 たまご 牛乳)
  • 糖質(ショ糖 果糖 乳糖 麦芽糖 ブドウ糖・・・)
  • 脂質(動物油 植物油・・・)
  • ビタミン(ビタミンBとCが多い。A)
  • ミネラル(カルシウム カリウム 鉄 マグネシウム 銅 ケイ素・・)

【施術方法】

  • 反応する構成要素のサンプルを使い検査で見つけ出して施術します。

a:3620 t:1 y:4






powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional