群馬 腰痛 骨盤矯正 股関節 肩こり ぎっくり腰 急性 膝痛 頭痛 足痛 肩関節痛

FrontPage

内外治療室のホームページへようこそ

ブログ 「臨床も無常である・・・」

腰痛の情報・・・


「椎間板ヘルニアの痛みは、ヘルニアの圧迫だけでは誘発されない!」

椎間板に圧迫に伴う神経周囲の炎症、圧迫部に周辺に遊離されたケミカルメディエーター(化学伝達物質)等によって起こる」 

画像の説明画像の説明画像の説明        
                

「大きなヘルニアで痛くないと言っている患者も多く見られるし、逆にヘルニアを判断してよいのか疑わしいような非常に軽微な椎間板突出でも強い痛みを訴えていることがある。このことはヘルニアの大きさが痛みの強さに直接は関係しておらず、圧迫そのものが痛みの原因になってはいないことを示唆する。」

痛みのケア:熊澤孝朗 より

手術は儀式ではありません。
他に方法がなくても、手術でなんとかなるものでもない。

改善の見込みがあるのか、ないのかわからない。
曖昧な摘出であなたの大切な身体を傷つけてはいけません。



さて、あなたはどこを選びますか?

筋骨格系・結合組織疾患に使われた2003年度の医療費は、
消化器系疾患の1兆5600億円を上回り、1兆6700億円でした。
          (厚生統計協会「国民衛生の動向・厚生の指標」2005年より)

腰痛・肩コリ・関節痛を訴える患者は年々増加しています。
若い世代にも広がりもみせ年齢や職業のせいにできません。

この中には整体やカイロプラクティックなどを含む各種民間療法は含まれておりません。
これらの自費治療分を合わせると相当な費用になります。

従来通りやっている賞味期限が切れた牽引や鎮痛剤、注射、電気を流したり、温めたり・冷やしたり、マッサージ、筋肉を鍛える、安静、ストレッチ、運動、姿勢改善、画像検査、保険が使えるから、サロン化した病院に毎日通い続ける。

悪いところを見つけだし切除をくりかえす従来のやり方をやっていたのでは、

毎年医療費が伸びるだけです。


  • 悪いところを指摘された方。
  • からだの内の器官に原因を求めて探しましたが異常は見つからない方。
  • 診断はついたが改善しない方。

従来のやり方に疑問を持ち、考え方の転換が必要になってきます。

  • 肩こり腰痛・膝の痛みは症状であり結果です。
    • 結果に電気をかけても
    • 結果に注射や湿布、マッサージする
    • 結果に温めたり・冷やしたり

その時は気持ちよくても治っていなければ、
痛みの本当の原因を取らなくてはなりません。

痛みの原因は神経の流れが悪いところから始まります。

朝起きたら、腰が痛い!肩がこる
さてあなたはどこで治療を受けますか?



腰痛や肩こりの原因は・・・

背骨・骨盤のズレや歪みですか?

背骨の歪み

あなたが腰痛や足のしびれを訴えて医療機関に行き
レントゲンを撮影することでしょう。

この画像をみせられて、痛みの原因はズレやユガミ、
また骨のトゲや変形が神経を触っているからです。

椎間板がつぶれてしまい骨と骨がくっついてしまっている
からだと説得力のあるような説明で片付けられるかも
しれません。

しかし、この患者さんは腰痛・しびれ・膝の痛み、
肩こりなどの症状はなく普通に生活しています。

骨配列異常と痛みがリンクしていません。

ですからレントゲンを診せられても痛みの原因はよくわからず曖昧にされてしまいます。


骨盤の歪みは無関係

【対象と方法】
発症後1年以内の腰痛患者144名と健常者138名を対象に、骨盤の歪み
(立位と座位での両前後骨盤の傾き、距離、足の長さ)を厳密に測定して腰痛との関連調査。

【結果】
骨盤の非対称性と腰痛とは、どのような臨床的意義においても関連がない。

(Levangie PK, Spine,1999)


腰骨のカーブがないと腰痛ですか?

腰仙角

腰痛になったときに儀式として大半が画像撮影されるでしょう。
そのときに腰の前わんカーブがないと指摘されて驚くかもしれません。

しかし心配ありません。
腰痛と腰のカーブとは関連性がありません。

問題は写真を見た患者が自分は重病だと思い込み不安や恐怖を抱かせることです。その結果、社会的心理因子が腰痛の回復を遅らせているからです。



痛みと腰のカーブ強弱は無関係

【対象と方法】
20~63歳までの健常者200名、急性腰痛患者200名、慢性腰痛患者200名を対象に、
X線撮影で3群のファーガソン・アングル(仙骨上端面と水平線との角度)を比較。

【結果】
3群間で統計学的な差は認められず、腰部前彎の強弱と腰痛とは無関係なので、
医師は腰部前彎に関するコンメントを控えるべき。

(Hansson T et al,Spine,1985)


Room1Room2Room3Room4

Update


こんな方が来院されています
 ■ 神経・筋骨格領域
 頭痛 首の痛み 背中の痛み 手・腕のしびれ 肩こり   肩の痛み 肘・手首の痛み 腰痛  
 ぎっくり腰 坐骨神 経痛 椎間板ヘ ルニア お尻の痛み・股関節の痛み 足のしびれ
 つっぱり 膝・足首・足の裏の痛み ふるえ こわばり 足のむくみ だるい 疲れ易い 
 自律神経失調 など

 ■ アレルギー関係
 アトピー じんましん 原因不明の湿疹 かゆみ 食物アレルギ ー 金属アレルギー 
 喘息 花粉症 低血糖

 ■ 目・耳
 目の奥の痛み めまい 気管支喘息 喉・胸のつかえ感 中耳炎 耳鳴り 聞こえにくい 耳の詰まり感 まぶたの腫れ・かゆみ

 ■ 腹部・内臓関係
 胃腸の痛み 過敏性大腸炎 便秘 下痢 嘔吐 吐き気

 ■ 婦人科関係
 生理痛 月経前症候群 月経困難症 妊娠中の腰痛 産後の腰痛 下腹部の痛み 
 生理不順 不妊症 むくみ

 ■ 乳幼児~小児
 アトピー性皮膚炎 かゆみ 湿疹 蕁麻疹 喘息

 ■ スポーツ障害・交通事故・外傷後の痛み
 野球肩 ゴルフ肘 テニス肘 むち打ち 打撲・捻挫後の痛み  

a:63101 t:6 y:20


 

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional